SSL設定を失敗してログイン出来ない時の対処法

ワードプレスのダッシュボードにログイン出来ない!

http:// から https://へとSSL化をする際に、ワードプレスのダッシュボード(管理画面)上でアドレスを変更します。ところがサーバー側での処理に約1時間かかることでデータベースに反映されるタイミングがよく分からないため、管理画面上で早めにアドレスを書き換えてしまうとワードプレスのダッシュボードにログイン出来なくなることがあります。

変更を保存した後に下記の文字を見て顔が真っ青になった人は少なからずいると思います。

httpをhttpsに変更して保存したら
⇓⇓⇓

そんな同士のために慌てずに復旧する方法を書いておきます。

  1. https を http に戻せばログイン画面が表示される
  2. サーバーの管理画面のphpmyadminでデータベースを書き換える

https を http に戻せばログイン画面が表示される

サーバー側での設定が反映される前にワードプレスの管理画面でアドレスの変更をしてしまうと、管理画面に入るためのユーザー名・パスワードの入力画面が表示されなくなり、ダッシュボードでの作業が出来なくなってしまいます。その状況下で行うことは契約サーバーの管理画面からデータベースの記述を書き換え直す必要があります。

サーバーの管理画面からphpmyadminでデータベースを書き換える

データベースをさわるとなると何だか不安でもありますが、以下の手順に従えば、5分で元に戻ります。

  1. サーバーの管理画面に入る
  2. phpmyadminにログインする
  3. データベースを書き換える

サーバーの管理画面に入る

当方の場合はエックスサーバーを利用しているので、それで説明します。他のサーバーも手順としては同じはずです。

エックスサーバーの管理画面の中にデータベースを設定する項目があるので、phpmyadminに入ります。

phpmyadminにログインする

ログイン画面でユーザー名とパスワードを入力します。
ここに入力するのはワードプレスをインストールした際に発行されるMySQLユーザー名とMySQLパスワードです。
サーバーへのログインやワードプレスのログインのものではありませんのでお間違いないように。

データベースを書き換える

phpmyadminにログインすると上記のような管理画面になります。ここでデータベースのタブをクリックします。

データベースの中に今回該当するワードプレスのSQLデータベース名をクリックします。

構造タブの中からoptionのテーブルを探します。エックスサーバーではwp_optionという名前になっています。他のサーバーは分かりませんが、おそらく〇〇optionと書かれていると思います。

option_nameの欄の中にsiteurlとhomeのそれぞれを編集します。左の編集ボタンをクリックします。

赤枠内のURLをhttps ➡ httpに戻して右下の実行をクリック
homeの方も同様に戻して実行します。

これで完了です。

ワードプレスのログイン画面が表示されるはずです。

Tagged on: ,